藤東 勤のたまに書く日記

愛別の百日紅
みなさん、随分と御無沙汰してしまいました。
不定期ながらも放うったらかしだったmixiをなんとかしようと、月2回くらいは日記を書いてますので、よかったら覗いてみて下さい。
さて、2008年の幕開けの元日に届いた懐かしい人からの年賀状。
俺がデビューしてから、2〜3年くらいマネージャーを担当してくれてた佐藤勝洋氏。
いわば、初代のマネージャーさんである。そのお方が小説本を出すそうです。
今月、1月15日に「愛別の百日紅」著者 黒羽洋の名前で文芸社から発売です。
よかったら、是非御一読下さい。

愛別の百日紅


2008年1月2日 2時48分58秒

天の川に雨が降る、、。
7月7日
天の川の東に住む織姫は、年に一度だけ会うことを父に許してもらい今日もまた川岸で佇み川面をみつめていた。 雨足はひどくなり、水かさも増えてきた。上弦の舟人もうたた寝している。向こう岸には同じく心配そうに川面を見つめてる男がいる。かつて同じ屋根の下で暮らしていた彦星だ。 思えばいつからだろう。働きものだった織姫は機織り職人で季節ごと5色に輝かせるほどであったのが彦星との結婚生活に溺れ、父の制裁がくだったため。 先程までうたた寝していた舟人が声をかけてきた。
「今日は、雨も止みそうにないから帰りなよ。」
と、その時だ。どこからともなく鵲の群れが翼を広げて飛んできた。そしてふたりを結ぶように橋をかけたのだった。
2006年7月7日 2時58分53秒

忘れかけてたこと
藤東です。
今さらだけど、ホームページ作りにもようやく慣れてきたような気がする。勉強するなんてのは学生時代以来本気でやった記憶がほとんどないに等しい。脳を使うのはたまに読む本や台本を覚えたり、だらだら映画を観る時くらいなもの。勉強はそんなに好きなほうではなかったけれど問題が解けたり理解できたときは嬉しかったものです。今回、久しぶりにその喜びを再び味わってほくそ笑んでいるところです。そもそも此処のサイトは無料レンタルサーバースペースをレンタルして試行錯誤しながらhtmlやスクリプトを手書きで書いて作成してましたが、やはり容量や広告表示の問題のほかに独自ドメインと容量ほぼ無制限という言葉が頭のどこかで引っかかったままでした。で、今年に入ってからサーバーを構築してみようかなと。思い立ったらやるしかない。本を見ながらの作業だがなかなか書いてある通りにはいかない。アップルストアーに予約して質問したりするが「お客様のやろうとされてることは、断崖を命綱なしで頂上まで登っていくようなものですよ。OS Xサーバーソフトをご購入されてボタンクリックひとつで近道されてみては。」なんてふざけたことを抜かしやがる。終いには「聞きたい部分だけ教えてくれ。」というと分からないのをいいことに「お答えできません。」となる。俺はそんな近道にも向こうの商売にも興味がないので憤りを覚えながらも早々に店をあとにする。家に帰って結局自分でどうにかこうにか作業をすすめていく。すると、時間はかかるが以外と出来るものなんです。まだまだ課題は残ってるけど。おっちゃんは頑張るでェ!
2006年4月24日 1時35分55秒

「70’sフォークシンガー!」
Hi! Todoです。
先日、とある撮影の為、川崎駅地下街アゼリア中央広場に行ってきた。俺の役どころはフォークシンガー「シノダシソタロウ」。特設ステージと聞いていたのでどんなステージなのだろうと集合時間よりもちょいと早めの2時間前に現地入りして様子を見ることにした。撮影開始の前には誰かがイベントライヴをやってると伺っていたので覗いてみると会場には物凄いお客さんの人数。大音量の歌声。歌っているのは演歌界の○川博ではないか。夕方の5時半くらいだったか買い物帰りの主婦、仕事帰りのサラリーマン、OL達が行き交うなかで俺は結構高さのあるステージの脇で数時間後にギター1本持って歌う自分を想像していた。2日3日前に差し換えになった歌詞。そして曲。タイトなスケジュールのなか練習もそこそこ。言い逃れの出来ない会場とステージ。これ以上此処にいると心臓の鼓動が高まる一方なので近くの喫茶店でコーヒーでも啜ることにした。アタマの中はコード譜と歌詞がぐるぐる回る。絵コンテをチェックしながらどんな撮りかたをするのだろうと考える。1キャメ(1台のカメラ)で撮影する場合、何度も角度を変えて撮るかもしれない。その場合は必ずギターを弾く左手の指のマメが痛みを増すに違いない。(注:弦を押さえる指先には必ずアコースティックギターを弾く人はみんなマメが出来るんです。)そうなると早く歌い終えようとリズムがついつい走ってしまう。多少の誤差はあっても毎回違うテンポになると編集の時にスタッフが苦労してしまう。Dコードの歌い出しでF#mコードを使用する曲なんで、ここはカポダストを使用して2capoにしてCコードからEmで弾こう。この方が音も綺麗だし指にも負担が少ない。本番まではまだ時間はある。俺は地下駐車場に停めてある車へと向っていった。
ON AIRは3月23日、木曜の深夜。24:55〜TBS系ドラマ『ですよねぇ。』のなかで流れるNTTインフォマーシャルで登場します。
2006年3月10日 2時15分25秒

動画に字幕スーパーを!
Hi! Todoです。
なんて、どっかで聞いた風なセリフだけど。気がつけば、My Birthdayも過ぎ、そろそろ師走の風が、頬に突き刺さり又、一年が通り過ぎようとしている。今年は、一体何が出来たのか自分に問いつめる時期がやってきた。
まあ、先日誕生日の前夜にギター清水氏の計らいで半ば躊躇しながら引き受けた初のアコースティックライヴが今年一番印象に残るものと思う。やはり、今の自分にほんの少しだけ背伸びするようなものを無事終えた時、これ程感慨深いものはない。どうせやるなら新曲も書こうと自分を追い詰めてライヴの3日前に仕上がったばかりの旬のものを提供するときの緊張感。心地よい苦しさもたまらない。大体、「新曲も披露して!」なんてのは誰も頼んではいないわけだから、、。これは、俺がステージに立つ俺に指示してるだけのことで、あとは自分自身の戦いだからね。ひとつだけ、ライヴ告知をNewsページに掲載したのが曲が出来た3日前になってしまった。映像作品とかと違って事前に出来上がりをチェック出来るわけではないしライヴは生もので、しかも初めての試みというのもあって正直自分自身でUPする勇気がなかったことに悔いが残ってしまった、、。実際、舞台もコンサートもリハが終わってもいない段階からチケット売るんだもんね。おかしな話しだけど、これを自分の手でやるとなるとさすがに勇気がいるよね。
話しが全然タイトルと違ってしまったけれど、動画(movファイル)に字幕を入れるMiyuソフトを見つけた。Mac用なのでWindows Mediaファイルにするにはmovファイルを一度aviファイルに変換しなきゃいけないので多少画質は落ちてしまうのだが、、。
Miyuソフトの使いかたをまとめてみた。→Here
2005年11月26日 3時40分21秒

発見
大したことではないけど、俺はGeoのホームページのファイルマネージャーで手書きでHTMLを編集して保存UPするのだが、この場合、文字コードというものがあってEUCコードでUPしないと、文字化けしてしまうのである。ところが、よその皆さんのHPにお邪魔するとほとんどの文字コードがShift_JISになってる。なんで? 俺だけ? それともGeoだけ? とまあ、ちょっとばかし、疎外されたような気分も抱きつつ今日に至ったわけなのだが、、。(実際、あまり気にもしてなかった、、。)文字コードの説明に関しては検索で調べりゃ、いろんなところで分かりにくく教えてくれるとして、とにかくウチのHPをShift_JISに変えて文字化けしない方法があるかどうかである。通常、HP制作は画像、動画ファイル以外は全て手作りで作りたいという願望から既存のAdobe GoLiveやDream WeaverなどのHPソフトでShift_JIS保存してFTPアップロードソフトでUPすればいいものをそのソフトを持ち合わせているにもかかわらず、GeoのファイルマネージャーでせっせとHTML書きに勤しんでいたのだから気付く術もなかったのだが、Windowsならばメモ帳というものでHTMLタグを書き保存してFTPソフトでUPすればいいというのを聞いた事もあるので、「そうか、Macならシンプルテキストというのがあるな。」というわけで、それに俺のとあるページのソースをコピペして文字コードをEUCからShift_JISに書き換えて試しにFTPソフトでUPしインターネット上で確認してみると、なんと文字化けしないで反映されてるではないか。これは、新しい発見だぞ!と喜んでいたのも束の間、Geoのホームページ作成のところを良く読むと「ファイルマネージャーでUPした場合はEUCにして下さい。Shift_JIS保存されたhtmlはお手持ちのFTPソフトでUPして下さい。」と説明されてるではないか。俺って、やっぱり、、、。いろいろ時間かかりそうだな、、。というわけでShift_JISには変えないぞ。くやしいし、全部変更するの大変だし、、。
2005年09月18日 3時10分44秒

恥ずかしさの裏側
いやあ、先週は久々のUGA カラオケビデオの撮影から始まって、某企業のVPビデオ撮影があり、いささか寝不足気味。寝溜めは出来ぬが寝不足は溜まる一方。なんといっても企業もののVPのほうは、20枚程の台詞ありで、しかも夫婦の夫役。俺の今までの仕事内容とはうって変わっての役柄。非常に興味が湧く役なので、ここは、プロデューサー感覚で引き受けることに。あらかじめ、台本をFaxで受取って、ざっと目を通してみる。なるほど、内容は大体掴めた。次にキーワードと流れをチェック。これで、台本は8割くらいはアタマに入れたようなものだ。しかし、肝心なものは、夫のプロフィールを自分なりに描きつくるという作業。俺自身は結婚もしてなきゃ、女性に対していたわりや優しさの欠片もない(!?)わけで、普段のね、俺自身のキャラを削っていくと嫌がる俺がいたりしてね。それは、恥ずかしさの裏にある照れであったり、根暗な俺だったり。そいつらを全員倒していかなきゃいけないといった面倒な作業。いわば自分との闘いですな。これを終えてはじめて次の段階に行けるみたいなね。器用な俳優さんは、何の苦もなく入って行くのでしょうが、、。ん〜っ。まだまだでんな。まあ、現場は、押すこともなく上手く終えたんで良しとしましょう。御結婚されてるみなさんは、夫婦の会話ってどんなものなんでしょう? ドラマで見るような面倒な会話してます?「おい!」「こら!」「ビール!」「どぁほぉ!」「臭い靴下、こんなとこに置くんじゃねえよ!」こんなんだったりして、、。(笑)
2005年07月4日 5時01分23秒

味醤
味醤と書いて"あじびしお"。日本三大魚醤。魚醤(ぎょしょう、ししびしお?)とも読むそうな。で、三大味醤とは、石川県の魚汁(いしる)、糸魚川の魚は"い"というわけで。秋田県のしょっつる、瀬戸内のこうなご醤油。何故、三大魚醤というと「カレー」です。家で食べるカレーなんてルーを買ってくればいいじゃん。というひとには関係ないお話ですが、カレーを例えばSBの缶のカレー粉を使って美味しいカレーを作りたい場合、石川県の魚汁がいいらしい。しかし、取り寄せたりするのが面倒と仰る方。ワタクシ、研究いたしました。オイスターソース(牡蠣油)です。 バターと小麦粉にカレー粉だけでは、粉っぽくて、まろやかさは出ません。オイスターソースです。これで、おいしいカレーフレークが作れます。フレーク状にしてください。火力は弱火で、、。本当です。
2005年05月19日 23時55分50秒

買い物のあとは、、。
中野ってところへは殆ど行った事がないのだけれど、久しぶりに訳あって行ってみた。目的はデジタルビデオカメラのケースを購入するために。SONYに問い合わせたところ定価3万円台のそのケースは生産中止になっている為販売はしていないという。秋葉原あたりを探索してもいいが歩き疲れたあげく無駄足になってはいけないとあらかじめリサーチして在庫確認のうえ値段も定価の半値以下だったので、いざ目的地へ。そこは中野ブロードウェイというショッピングモールの中にあるのだが、そのモールの入り口のショップに目がいく。ジャンク、、、、。なんだ、ジャンク品かと思いきやジャンクワールドってお店で、パソコン等がとにかく安い。中古品、ジャンク品を買い取って修理の上完動品として売っている。ちょうどオープン1周年らしいが要チェック。さすが中野だ。物価が安い。若い兄ちゃんが騒ぐわけだ。とんだ寄り道をしながらもそこのショッピングモールの3階にあるお店で例のカメラケースを購入。意外に重いし、デカいのでこれ以上はうろうろ出来ぬというわけで近所のパスタ屋で食事を済ませ我が家へと。いやはや、またまた買い物をしてしまった。買い物をしたら取り戻さなきゃ。(笑)、、と、近所のパチ屋でスロット。未だ衰えぬ"北斗の拳"を触る。下記証拠写真参照。画像クリックで大当たり中のMusicも聞けるよ。我が家の収支はいかに、、。



2005年05月7日 23時59分59秒

mp3
本日、spwave-0.6.8(Windows用もありますよ。)をDLしてmp3の曲の編集。
使用法はまだまだ全然分からないがどうにかこうにかフェードアウト編集はなんとか出来るようになりました。青春のゆくえのイントロ部分をサイトのトップページのFlashに載っけてるので、今まではイントロをぶった切った感じになってたのをフェードアウトさせようと言う試みで、、。取り敢えずOKかな。気をつけなきゃいけないのはmp3ファイル開き編集終えたらwavに必ず拡張子を書き換えて保存するということ。そのwavファイルをiTunesでmp3に再度変換すれば良い。
2005年02月11日 23時25分20秒

頑張れ!ショーケン
恐喝だろうが、何だろうが構わない。皆応援してるぞ。
ほら。横顔
ここも。俺も味方だ!
2005年02月10日 0時10分25秒

たまには書かなきゃ!
先日、PCにAdobe Illustrator 10をインストール。嬉しい反面、フリーズ天国に当分の間悩まされそうだ。マイホームページを建てて、もう何年も経つというのにファイルのアップロードは未だ、Geoのファイルマネージャーに頼りっぱなし。Geo以外のHPスペースを確保する時もファイルマネージャーのあるところでしか探さない。これって、やはりある種の逃げで、Macの場合Windowsと違って無料のソフトが少ないからと心の何処かに逃げ道なるものをつくってたような気がする。これじゃホームページが本当に作れるとは言えない。で、もう一度、昔読んだ「無料(タダ)でつくるホームページ」というMac OS9用の本を開いてみる。サーバー転送ソフト。ん〜。Transmit15日間お試しソフトもなあ〜。アクトツーってところでDLして購入するオンライン版は3,000円程度。市販のパッケージ版は8,000円程度。ファイル転送ごときで、考えてしまうなあ。と、インターネットの接続を切り暫く考えてみる。もう一度、接続してTransmitと打ち込んでみる。何軒かヒットする中にPanic,Incというところを見つけクリックしてみる。ん〜やはりない。サポートの辺りをクリック。な、なんとあるではないか!!!しかも無料で、、。OS9用!transmitソフト自体英語版ではあるが、そんなもん分からなきゃ辞書があるじゃないか!ってことでDL開始。で、使い方も簡単。いやあ、嬉しくてしょうがない。試しにGeoのスペースに5MB以上のものをUPしてみた。これで大丈夫だ。でも、これって日本人よ、英語読めぬならカネ払え。みたいにも受け止められるのだが、、。そうじゃない、日本人がこの盲点をついて商売してるわけで、、。いつもいつも日本語で検索しちゃいけないなと気付かされた。今度はホームページソフトもたまには使ってみるか。
2005年02月6日 18時50分53秒


私のホームページへ|日記003へ